注目

私の恋愛観

もしひとつ夢を叶えて貰えるとしたら、私は素敵な女性に出会いたいとお願いをします。

子どもの時から、私には気になる同級生などの女子や女性がいました。しかし、好きという思いを告白することはしませんでした。

その頃は恋愛をすると、勉強がおろそかになって成績が落ちてしまうのではないかと思っていました。それに、失恋してしまったら元も子もないので、思いを伝えることはしなかったのです。そして、学生時代も恋愛とは無縁でした。

ところが大人になった今では恋愛の考え方が子どもの時や学生時代とは変わってきました。「青春」という時代がいつまで続くのかは人それぞれだと思いますが、やはりそういう時期に恋愛は必要なのではないかと思うようになりました。

しかし、これは子どもの時や学生時代に恋愛がなかったことを後悔しているのではありません。現在進行形でこのように考えていて、恋愛は面倒だという考えもありません。

私は現在、在宅で仕事をしています。そのため外出でもしない限り、自分の気に入った女性に出会う機会というのはほとんどありません。

合コンという手もあるでしょうが、そういう機会もなかなかありませんし、あったとしても一言もしゃべらずに終わってしまうと思います。

私は大人数でわいわいやるのは苦手で、元々コミュニケーション能力も高くはありません。恋愛関係を築く上で不都合と思われるでしょう。

そのため、もしひとつ夢を叶えて貰えるとしたら、私は素敵な女性に出会いたいとお願いをします。自分のことを理解してくれる女性であればなおさら出会いたいと思います。

悩み多きヒゲから卒業したい!池袋でひげ脱毛検討中

私は39歳の男性で会社員をしています。会社が池袋にあるので、仕事終わりに通えるように池袋でヒゲ脱毛ができる脱毛サロンやクリニックを探しています。

ヒゲの悩みは思春期の頃から。

学校で一番と言っても過言ではないほどのヒゲで、みんなからおっさん扱いされていました。

それから年月が経つにつれ、ヒゲは濃く、そして硬く成長していき、現在は顎だけでなく頬にもヒゲが生えているような状態です。

今の髭はたった1日剃らないだけで、まるで狼男のよつな風貌。

髭剃りの頻度は朝と夕方の2回行う必要があり、1日の髭剃りの流れは、まず早朝5時30分から始まります。

起床後、まず毛穴を開かせる為の蒸しタオルを温め、熱々のタオルを顔に置いて約10分間放置します。

しっかりと毛穴が開いたら、シェービングジェルを肌にしっかりと塗り込み、深ぞりタイプの剃刀でヒゲを剃って行きます。

その後はローションで肌を整え、出発前には更に電動シェーバーで毛穴の奥の奥までヒゲを処理していきます。

毎朝、髭剃りに要する時間は40分。髭さえなければ40分違う事が出来るのにと考えると、毎朝人より無駄な事をしているなと虚しくなる事があります。

しっかり剃ったヒゲも夕方になるとその姿を現わすようになり、まるで芝が生えたような青々とした状態になります。

その為、仕事中に携帯している電動シェーバーを持ち、トイレに入りヒゲを剃るようにしています。

トイレで同僚と鉢合わせた時は、非常に気まずく、いつも恥ずかしい思いをしています。

こんな生活にそろそろ嫌気がさし、今はクリニックでヒゲ脱毛をする計画を立てています。

料金面や副作用など、様々な不安はありますが、もしこのヒゲが全くなくなったらどんなに楽しい人生が待っているんだろうと鏡を見ながらしみじみと思います。

必要なのは一握りの勇気!近いウチに20年以上悩み続けたヒゲとおさらばするつもりです。