私の恋愛観

もしひとつ夢を叶えて貰えるとしたら、私は素敵な女性に出会いたいとお願いをします。

子どもの時から、私には気になる同級生などの女子や女性がいました。しかし、好きという思いを告白することはしませんでした。

その頃は恋愛をすると、勉強がおろそかになって成績が落ちてしまうのではないかと思っていました。それに、失恋してしまったら元も子もないので、思いを伝えることはしなかったのです。そして、学生時代も恋愛とは無縁でした。

ところが大人になった今では恋愛の考え方が子どもの時や学生時代とは変わってきました。「青春」という時代がいつまで続くのかは人それぞれだと思いますが、やはりそういう時期に恋愛は必要なのではないかと思うようになりました。

しかし、これは子どもの時や学生時代に恋愛がなかったことを後悔しているのではありません。現在進行形でこのように考えていて、恋愛は面倒だという考えもありません。

私は現在、在宅で仕事をしています。そのため外出でもしない限り、自分の気に入った女性に出会う機会というのはほとんどありません。

合コンという手もあるでしょうが、そういう機会もなかなかありませんし、あったとしても一言もしゃべらずに終わってしまうと思います。

私は大人数でわいわいやるのは苦手で、元々コミュニケーション能力も高くはありません。恋愛関係を築く上で不都合と思われるでしょう。

そのため、もしひとつ夢を叶えて貰えるとしたら、私は素敵な女性に出会いたいとお願いをします。自分のことを理解してくれる女性であればなおさら出会いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です